「チャーハン」と「ピラフ」と「焼きめし」の共通点

「チャーハン」と「ピラフ」と「焼きめし」はどれも米を炒めて作った料理という点では共通しています。

ではこの3つどう違うのでしょうか。

「チャーハン」とは?

「チャーハン」は漢字で「炒飯」と書きます。

パソコン”ちゃーはん”と打って変換すると出てきますよね。

この「炒飯」という漢字からもわかる通り、熱した鍋に油、溶き卵、肉や野菜を白米と一緒に”炒めた”料理です。

具材はネギ、チャーシュー、エビなどが定番です。

中国発祥の料理です。

「ピラフ」とは?

「ピラフ」は、生の米と玉ねぎのみじん切りを油で炒め、肉や野菜、スープと一緒に炊いたものです。

具材を炒めた後、炊いて仕上げるのが大きな違いです。

東洋発祥の料理です。

「焼き飯」とは?

「焼きめし」は関西地方でよく使われている名称です。

基本的には「チャーハン」と同じです。

中華料理店で「焼き飯」を頼むとおそらく「チャーハン」が出てくるでしょう。

ただ、具材に特に決まりはなく、家庭によってオリジナルの「焼き飯」があるようです。

「和製チャーハン」と言ってもいいのではないでしょうか。

まとめ

「チャーハン」と「ピラフ」は違う料理。「焼き飯」は和製チャーハン。

「チャーハン」は熱した鍋に油、溶き卵、肉や野菜を白米と一緒に炒めた中華料理です。

「ピラフ」は、生の米と玉ねぎのみじん切りを油で炒め、肉や野菜、スープと一緒に炊いた東洋発祥の料理です。

「焼き飯」は「チャーハン」とほぼ同義ですが、特に具材に決まりはなくチャーハンよりバリエーションが豊富です。いわば「和製チャーハン」です。

 

おすすめの記事