「たらこ」と「明太子」の共通点

「たらこ」と「明太子」も「辛子明太子」スケトウダラの卵を使った食品という点では共通しています。

では一体どう違うのでしょうか?

「たらこ」とは?

「たらこ」は、生のたらこ(スケトウダラの卵)を塩漬けしたものをいいます。

「明太子」とは?

「明太子」は、語源をたどると実は「たらこ」と同じになります。

明太子は九州の博多発祥と言われており、博多ではスケトウダラのことを「明太(めんたい)」と呼びます。

地理的に九州と近い韓国でもスケトウダラのことを「明太(みょんて)」と呼ばれます。

ですので「たらの子」は「明太の子」ということで「明太子」となります。

「辛子明太子」とは?

辛子明太子はその名前から分かる通り、「明太子」を作る際に粉唐辛子を混ぜたものをいいます。

ですが、九州では辛子を混ぜることが一般的で、「辛子明太子」と「明太子」を同義に扱う場合もあるので注意が必要です。

商品名が「明太子」の場合でも辛子が使われている場合が気になる方は商品ラベルをよく確認しましょう。

まとめ

語源をたどると「たらこ」と「明太子」は同じ

「たらこ」も「明太子」も生のたらこ(スケトウダラの卵)を塩漬けしたものをいいます。

「辛子明太子」は「明太子」を作る際に粉唐辛子を合わせて漬け込んだものです。

ただし「辛子明太子」のことを「明太子」と呼ぶ場合もあるので注意が必要です。

 

おすすめの記事