「マンション」と「アパート」の共通点

「マンション」と「アパート」は共同住宅という点では共通しています。

「マンション」と「アパート」の区別

実は、建築基準法上、マンションとアパートを区別する基準は全くありません。

どんな名前を付けるかはオーナーの自由です。

ですので、世間一般的にどういったものがマンションと呼ばれるのか、アパートと呼ばれるのかを以下でご紹介します。

マンションとは?

マンションと呼ばれるのは、主に鉄骨や鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリート造りの建物です。

おおむね3階建て以上の耐火・中高層物件です。

駅の近くなど利便性が高い場所に多いです。そのような場所は土地が高い分、有効活用するという面もあるのでしょう。

「レジデンス」といった名称は高級マンションなどに付けられる場合が多いです。

アパートとは?

アパートと呼ばれるのは、主に木造や軽量鉄骨造りの建物です。

おおむね2階建てまでの準耐火・低層物件です。

駅から離れた場所や、郊外などに多いです。マンションに比べ割安な物件が多いのもアパートの特徴です。

「コーポ」や「ハイツ」という名称はほとんどこのような建物に付けられます。

まとめ

「マンションは高層物件、アパートは低層物件」
明確な区別はありませんが、マンションは3階以上の高層物件、アパートは2階までの低層物件に用いられる場合が多いようです。
建物としてのグレードはマンションの方が上のように思えますが、実際そういった明確な基準はありません。
物件を探す際には名称に惑わされず、自分の目で確かめることが大事と言えそうです。
おすすめの記事