「預金」と「貯金」の共通点

「預金」と「貯金」はお金をどこかに保管するという点においては共通しています。

預金とは?

「預金」は、銀行、信用金庫、信用組合にお金を預ける場合に呼ばれます。

貯金とは?

「貯金」は、郵便局、農協、漁協などにお金を預ける場合に呼ばれます。

また、貯金箱など自分でお金を貯蓄する時にも使われます。

なぜ金融機関によって呼び方が違うの?

銀行預金と郵便貯金では、成立したときの歴史的な背景がそれぞれ違うためです。

銀行にお金を預けたのは当時、都市部の商人や企業が主でした。そして預けたお金は運用するという目的がありました。このため「預ける」という意味合いが強く「預金」という言葉が使われています。

郵便貯金は、当時お金を貯める(貯金)という習慣がなかったことから、国の政策として明治8年から始まりました。江戸時代までは多くの人が農業を営み、自給自足に近い生活を送っていたのでお金自体をあまり使っていなかったという背景があります。

そこで「お金を貯めること」を奨励しようと、大蔵省が運用を始めたのが郵便貯金です。集めたお金で国家を発展しようという目的もありました。このため、「貯金」という言葉が今も使われています。

まとめ

「預ける金融機関」がポイント

「預金」は、銀行、信用金庫、信用組合にお金を預ける場合に呼ばれます。

「貯金」は、郵便局、農協、漁協などにお金を預ける場合に呼ばれます。

もともと金融機関が成立したときの背景から呼び方の違いが生まれました。

おすすめの記事