「税理士」と「公認会計士」の共通点

「税理士」と「公認会計士」はどちらも税務や会計などを中心とした業務を生業としている点では共通しています。

「税理士」とは?

「税理士」は税務に関する専門家で、税務署に企業が提出する税務申告書の作成や、税務業務の代行、税務相談などを行います。

後述の「公認会計士」は、この「税務業務」も行うことができます。

「公認会計士」とは?

「公認会計士」は、企業の監査を行う専門家で、企業の決算書が適切に作成されているかをチェックし、適切である旨の証明書を出す業務を行います。

この「監査」は、上場企業および資本金5億円以上、あるいは負債額200億円以上の大企業は必ず受けなければいけません。

この「監査業務」は税理士には行うことができません。

まとめ

税理士は「税務業務」、「公認会計士」は「監査業務」を行う

・「税理士」は税務に関する専門家で、「税務業務」を行います。

「税理士」は「税務業務」のみ行うことができます。

・「公認会計士」は、企業の監査を行う専門家で、「監査業務」を行います。

「公認会計士」は「監査業務」と「税務業務」を行うことができます。

おすすめの記事